2013年01月27日

はっさく君のDTM機材紹介。その5 「QL Pianos」



どうもこんにちは。 はっさく君 です。
インフルエンザが流行ってますねー。はっさく君 はまだ罹ったことがありませんが。
このブログを見てしまった不幸な方々に、そんな更なる不幸(インフルエンザ)が訪れませぬよう。


さて、あんまり役に立たないDTM機材情報を無駄に熱く語るこのタイトル。今回は はっさく君 が買ってみたものの 使いこなせなかった ピアノ音源 を紹介してみようと思います。(涙


ちなみにバックナンバー(何)はこちら。↓

・ はっさく君のDTM機材?紹介。その4 「キャスター付きパソコンスタンド CP-031」
・ はっさく君のDTM機材紹介。その3 「SC-D70」
・ はっさく君のDTM機材紹介。その2 「Ministry Of Rock」
・ はっさく君のDTM機材紹介。その1 「SONAR1」



■EASTWEST / Quantum Leap Pianos (QL Pianos)


QL Pianos の見た目
本家公式(英語) http://www.soundsonline.com/Pianos
国内販売代理店 http://www.h-resolution.com/EastWest/pianos.html


一応最初に断っておきますが、はっさく君 はピアノを弾けません(キッパリ)。 ピアノも持ってなければ、習ったことも、本格ピアノ曲に挑戦したこともないので、ピアノの奏法なんてまったく知りません。(エレクトーンは昔習ってたけど…)
にもかかわらず、ピアノ素人の はっさく君 がピアノ専用音源なんてものを買ってしまったのが運の尽きでした。


QL Pianos は、はっさく君 がQLSO等でお世話になっている、EASTWEST社のピアノ専用ソフトシンセです。公式のデモソングを聴けば分かりますが、相当リアルな音です。通常版廉価版(GOLD)があり、通常版はQLSOと同じく、奏者位置、指揮者位置、ホール後部位置の3つのマイクポジションで録音されたサンプルを合成することで音の距離感を演出できるのが強み。定価は495ドル(90円/ドル換算で約44,550円)ですが、お得なまとめ買いパック「Complete Composers Collection( CCC )」だと75%引きで買えるので、CCCの構成に組み込んで買う人は多いのではないでしょうか。(はっさく君 もそれで購入)


しかし! このソフト(QL Pianos 通常版)、音は素晴らしいのですが、DTM&ピアノ素人 のはっさく君 にとって思わぬ大きな落とし穴がありました。


その落とし穴とは…


鬼のようにサイズがでかい。


EASTWEST製品は総じて容量が馬鹿でかいことで有名(多分)ですが、中でもこのソフトは群を抜きます。


で、どのくらい重いかというと。

たった4台のピアノに対し、サンプル容量、なんと263GB!!

市販されているピアノ専用音源としては、恐らく最大ではなかろうか。

サンプルが重いということは、当然読込時間も長いということ。中でも特に重い「Bosendorfer 290」のマスター音色、はっさく君 の環境でHDDからの読込時間、なんと平均 1分35秒!! 1音色読み込む間に1曲演奏できちゃうよ…。(汗
(※ちなみにマイクポジションを追加すると、読込時間も2倍、3倍に伸びます…(滝汗))

さすがに毎回こんなにも待てないので、サンプルをSSD(M4 SSD 512GB)に移動させたところ…

Bosendorfer 290 平均読込時間
HDD 1:35 → SSD 0:11

…流石はSSD。劇的な効果がありました。

とはいえ、前述のとおりQL Pianos(通常版)は容量が263GBもあるので、512GBクラスの大容量SSDにしか入りません。512GBクラスのSSDなんて、3万円以上もする高級品です。安易に QL Pianos(通常版)を買うと、思わぬ高い追加費用を払うことになるかもしれなので注意。はっさく君 も、もう1台SSDを買う羽目に…。(涙

QLSOQL Pianos を入れただけの512GB大容量SSD↓。この2つだけでもう一杯です…。

d-dora.PNG


また、このソフト、ベロシティに対する音質変化が激しいです。例えば、はっさく君が 鍵盤で「ドミソ~」と和音を弾いたとき、同じ強さで弾いたつもりでも、「ド」は緩やかに鍵盤を弾いた消え入りそうな音質なのに、「ミ」は思いっきり鍵盤を叩いた硬い音質になる、ということがよくあります。逆に言えば精密な鍵盤タッチができるプロがピアノ鍵盤で演奏すれば、それだけ表情豊かな演奏が可能になる訳ですが、はっさく君 の稚拙な演奏能力とシンセキーボード(76鍵)では持て余し気味…(涙

その音に関してですが、QL Pianos には4種類の実在する(らしい)ピアノが収録されています。機種ごとの派生音色もあるのですが、ざっくり特徴を書くと、

・Bechstein 280(べひしゅたいん)
普通?なピアノ。GM配列でいう「001:Piano1」という感じ。割と扱いやすい。
・Bosendorfer 290(べーぜんどるふぁー)
とても柔らかい、こもった感じのピアノ。甘いフレーズ、静かなフレーズにすごく合う。
・Steinway D(すたいんうぇい)
何かと華やか、煌びやかなピアノ。ベロシティの強弱による表情変化が特に激しい。
・Yamaha C7(やまは)
すごく金属的で硬くて軽い音。「カチーン!」って音。GMでいう「002:Piano2」を更に硬くした感じ。


他にも機能として、本体にリバーブが付いていたり、ピアノの蓋(屋根?)の閉会角度を調整できたり(微妙に音質も変わる)、ADSRをある程度調整できたり(リバースっぽいピアノもできなくはない)、ダブルトラッキング(2台で演奏しているように聴こえる)機能なんてものもあります。


・・・で。


一応音楽ブログを謳っている以上、QL Pianosを使って1曲作ってみました。といっても昔作った曲の音色だけ差し替え版ですが…。


■「ほのぼのx (QL Pianos版)」 by はっさく君 (2:31)


なんともやっつけ感漂う曲で非常に申し訳ないですが仕様です。気にしたら負けなんです。(何
使った音色は Bechstein 280 の基本音色「bech master」。QL Pianos自慢の3つのマイクポジションをフル活用。外部エフェクトはマキシマイザーで適当に全体の音圧を稼いだだけ。やる気の無いオーボエは QLSO の音です。

QL Pianos の本気の音質を感じたい人は公式デモソングをどうぞ(リンク先右側リスト)。本当に、音は最高に良いのです。音は。


なんにせよ、素晴らしい音質と引き換えに、使うにはある程度の技量と覚悟を問われる、はっさく君 のようなド素人が迂闊に手を出すにはちょっと厳しいソフトでした。使える人が使えば鬼に金棒なのでしょう。
この先 はっさく君 がこのソフトを活用できる日は来るのだろうか…。(汗


来ないだろうなー…。


2014.12.28.追記
EastWestのピアノ音源をを聞き比べしてみました。↓
(QL Pianosの4種のピアノそれぞれのMP3があります)

http://hassaku-kun.seesaa.net/article/407758098.html



posted by はっさく君 at 04:10| Comment(2) | PC・DTM機材 | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

東京オートサロン2013でゲテモノプリウス(プリウスGT)を見てきました。


こんなサイトを見つけてしまう不幸な皆様、こんにちは。 はっさく君 です。

以前記事にした、羊の皮を被った狼・・・もとい、プリウスの皮を被ったレースカー、
apr HASEPRO PRIUS GT」(以下「プリウスGT」)。

(過去記事「超速いプリウス」参照)

この車が2013年1月11日~13日に幕張メッセで開催される国内最大の改造車の祭典「東京オートサロン」に展示されると聞いて、早速見に行ってきました。ちなみに はっさく君 は東京オートサロン初参戦です。


入場ゲート前から。
tas01.png


ちなみに写真は全部 はっさく君 が古~いガラケーで撮ってるので、以下写真のクオリティは期待しないでね…(汗


まず会場に入って最初に思った感想が…



が多い!
(20万人以上来るんだから当たり前だ)



コンパニオンのお姉さんの露出が多い!!
(東京オートサロンの伝統らしいけど、ちょっと悪ノリし過ぎのよーな…(汗))



そして…


トヨタ86滅茶苦茶多い!!!
(どこに行ってもカスタム86だらけ、話題の車ですし はっさく君 も大好きな車ですが流石に多すぎ…)




会場はとても広いのですが、それ以上に車と人の密度がすごく、移動も大変。常にあちこちのブースでレースドバイバーのトークショー等、多数のステージイベントが行われていて、とても盛況していました。


多数のカスタムカーが展示される中、スーパーGTマシンをはじめ、2012年に活躍したレーシングカーも沢山展示されていました。


モンスター田嶋(田嶋伸博氏)パイクスピーク2012参戦車両(電気自動車、過去記事参照)とか

tas02.png田嶋氏PPIHC2012参戦車両


グランツーリスモ軍団トヨタ・GAZOOニュル24耐参戦車両とか

tas03.pngGTアカデミー 日産GT-R

他にも沢山のGT500車両(GT-RもHSV010もすっごい幅広だった)、
日産デルタウィング(これも思ったよりでかかった)、
トヨタTS030(これは遠目に見えただけ)等、興味深い車が目白押しでした。


そして今回の来場の一番の目的、はっさく君 の大好きな ゲテモノプリウス こと、「プリウスGT」

マネキンを使ってピット作業風の展示でした。
プリウスGT その1

プリウスGTとは、国内改造車レースの最高峰であるスーパーGTのGT300クラスにおいて、はっさく君 的に昨年“大活躍”したレーシングカーです。 もちろんハイブリッドシステム搭載。

昨年(2012年)1月13日、プリウスGTはこの東京オートサロンで展示、GT300クラス参戦を発表されました。この時点ではまだ実用レベルになかったらしいのですが、いざ蓋を開けてみると6戦目の2位表彰台等の大活躍。トラブルが多く、総合優勝争いには絡みませんでしたが、そのゲテモノ的存在感と、ハイブリッドシステムを駆使した確かな速さで、シーズンを大いに沸かせた存在なのは間違いありません。

もうこれ、今回のオートサロンの展示は 凱旋 と言ってもいいよね。


そんなプリウスGTを眼力で穴が開くほど見てきました。

感想は…

まー、プリウスに似せただけの、はっさく君 のような素人目に見ても生粋のレースカーです。

エンジンを後部座席位置に積んだ為(ミッドシップ)、運転席の後ろは壁になっているので、後方は運転席左下のバックモニターで見ているらしい。

後ろから。なんとも攻撃的な外観です。
tas05.png

後部座席のドア&窓や、本物っぽいテールライト周りも、実はほとんどが外装シールに描かれたフェイク。代わりにエンジンの廃熱の為であろう穴が、後部にはいっぱい開いています。

「Hybrid Synergy Drive」のエンブレムもありました。これはシールではなく、市販のプリウスやアクアに付いている本物っぽい。
プリウスGT その3


ちょっとだけ見えたコックピット。HSV010とかGT-R(GT500)に比べると開口が広く乗り降りしやすそう。ちなみに乗ってる人もマネキンです。
tas07.png


参考までに、普通のプリウス
prius.png



プリウスGTに限りませんが、どのレースカーも2012年を必死で戦い抜いた車達です。展示車としての体裁は整えられているものの、よーく見ればあちこち傷や変色、補修跡だらけ。覗き込めばガムテープで補修されていたり、部品の接合部周りも使い込まれて傷だらけです。
この東京オートサロンには、傷ひとつ無く華麗にドレスアップされた車達が沢山います。でも、そんな車達より、このボロボロのレースカー達が最高に格好いいと はっさく君 は思うのです。


初めての東京オートサロンで、2時間ほどでざっと回っただけでしたが、思った以上に楽しめました。次は東京モーターショーにも行ってみようかな…。


東京オートサロン閉幕直前、疲れ果てて汗を拭うスタッフ達(マネキン)。お疲れ様でした。
プリウスGT その5


posted by はっさく君 at 03:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

SoundsOnline、セール期間延長。


こんなサイトを見てしまった不幸な皆様、こんにちは。
年始、会社への初出社早々、あまりの忙しさに休みボケなんぞ一瞬で吹き飛んだ はっさく君 です。
レッドブルで命を繋ぐ生活が、今年も始まってしまいました。(涙


さて。

円安がすごい勢いで進行中ですねー。去年(2012年)の9月には 1ドル=79円 くらいだったのが、今日(2013.1.13)は 89円 くらいまで安くなってます。外国製ソフトを個人輸入で買うDTMユーザーにとってみれば、同じ商品が僅か4ヶ月の間に1割以上値上げになったのと同じこと。日本の輸出企業にとっては円安はいいことですが、はっさく君 のような貧乏DTMユーザーのお財布事情には厳しくなってきました…。(参考記事


そんな逆風(?)の中、また SoundsOnlineセール情報です。


so-jd.png


しょっちゅうセールをやっているソフトシンセメーカー、EASTWEST(SoundsOnline)ですが、昨年12月に紹介した歳末セールの期間延長になってます。


セール内容は変わらず、

1.古い音源7タイトル詰め合わせセットである Complete Composers Collection HD(CCC)割引率が66%→75%になって、しかも追加で1本が無料で貰えるというもの。

2.Hollywood Orchestral Woodwinds 以外の EASTWEST製品 が単品で半額になるというもの。

の2点です。


延長された期限は、2013年1月31日まで


もうこの際、年中このお値段でいいのでは…。(何


ちなみにこのセールに対し、EASTWEST製品の日本国内の販売代理店・ハイレゾ社 が無反応なのは、もはやいつも通りです。


posted by はっさく君 at 03:59| Comment(0) | セール関連 | 更新情報をチェックする