2014年01月28日

86に後付けシートヒーター。



いつもこんな残念なブログを見て下さっている不幸な皆様、こんにちは。
先日注文した SONAR X3(日本語版) が待ちきれない はっさく君 です。
ま、届いたところで仕事が忙しくて音楽なんてやる暇無いのですが。(何


さて。


もうこの冬も後半戦だというのに、相変わらず 寒い です。

そして車通勤の はっさく君 は、毎朝暖房が効いて車内が温まるまでは、いつもガタガタ震えながら運転している訳で。 愛車86のエンジン&エアコンは温まりが悪いのか、車内が十分温まる頃には職場に着いてしまいます。 うーん。

こんな時、シートに仕込んだ電熱線で体を温めてくれ、しかも即効性が高い“シートヒーター”があれば・・・86を買うとき、シートヒーター標準装備のグレード“GT Limited”を選ばなかったことを少し後悔したりもしましたが。

調べてみると、お手軽に後付けできるシートヒーターがあるようなので、早速購入してみました。

…ま、たいしたネタではないですが、思った以上に快適になったので、記事にしてみました。



■サンコスモ(SUNCOSMO) ホットカーシート フロント ブラック DC12V HC01

seatht00.png

amazonにて 1,700円 くらいで購入。 安っ!?

シートヒーターというより、腰までカバーするタイプの電気座布団です。
シガーソケットから電源を取るタイプ。

バケットシートもどきの形状をもつ86のシートですが、特に問題なく取り付けできました。はみ出たり、何かに干渉したり、もちろんシートその他を傷つけるといったこともありません。

固定には、背もたれにゴム紐を2本通すのと、座面部分は3箇所、フック付きのゴム紐を“何か適当なところにひっかける”だけ。はっさく君 は、運転席下のスライド用レバー、シートベルトの差込口の根っこ、後部座席から前シートを動かす時の引っ張り紐に引っ掛けました。
ま、所詮座布団で、しかも本体がとても軽いので、すぐにずれてしまいますが…。

↓取り付けた図。黒シートなので、そんなに目立ちません。
seatht01.png


HI・LOW の2段階で暖かさを選べ、HIにするとコートの上からでも2~3分くらいで暖かさを実感できるようになります。着けた瞬間即快適とまではいきませんが、それでもエアコンが効くのを待つよりはるかに早い。HIのまま長くつけていると熱くなってくるので、エアコンが効き始めた時点で電源を切るようにしています。

seatht02.png


ちなみに、本体はそれなりに厚みがある為か、運転する時の感覚がかなり変わるので、シートポジションの再調整は必須です。


僅か1,700円のコレのおかげで、はっさく君 の朝の通勤が随分マシになりました。あとは、こんなお値段だけに、耐久性が気になるところ。
それにしても、はっさく君 の 86 が、また一段階おぢさん臭くなった気がするのは気のせいでしょうか。(何


posted by はっさく君 at 01:07| Comment(2) | トヨタ86 | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

スマホデビューしてみました。



不幸にもこのブログを見て下さっている皆様。毎日、寒いですねー。はっさく君 です。


TEAC社の SONAR X3 日本語版、ここまで色々ありましたが、ようやく紹介ページも出来て、本格的に動き出したって感じですね。TEACのメールによると、1月20日(今日!)に予約受付開始、発送は1月末の予定とのこと。はっさく君 も X3 は買うつもりなので、とても楽しみです。



さて。


ケータイ歴 = ガラケー歴 の はっさく君 ですが。

そんな はっさく君 もついに栄えある スマホデビュー の時が来ました。

ここ数年、電車で周囲を見渡せばスマホユーザーばかり。先日行ってきた東京モーターショーでは、ガラケーで写真を撮っている はっさく君 はかなり浮いた存在だったような。

正直、出不精の はっさく君 にとって、スマホの必要性はあまり感じられません。しかし、このままでは時代に取り残されるという無駄な焦燥感に駆られて、ガラケー歴十数年の はっさく君 も、急遽スマホデビューすることにしました。

という訳で、まだこれといったアプリも入れてませんが、せっかくなので記事にしておきます。



買ったのはコチラ。↓


iphone5c


不人気の iPhone5c(16GBタイプ)!


最近のスマホにしては小型で、iPhone5s は1万円程高いけどそんな高機能はいらず、16GB版は月々サポート(割引)が厚めなので選択。

換えたのは1月1日、元旦、ドコモショップにて。てかドコモショップって元日もやってるのね。元日だけにお客さんはまばらで、順番待ちも無くすぐに商談開始。

説明受けたり書類を書いたり、慣れないiPhone本体でパスワードやらを入力したりで、お店でかかった時間は1時間半くらい。

端末価格は81,600円ですが、現金一括払い、キャンペーン割引込みで、当日支払った金額は 61,500円(からポイント分を引いた額)

はっさく君 の料金プランは、キャンペーン割引込みの基本料金
 ・割引いっぱいの1年目は 4,000円くらい、
 ・一部の割引が切れる2年目は 5,000円くらい、
 ・割引が完全に無くなる3年目以降は 7,000円くらい。
  (2年ごとに機種変しろってことですかね…)



で、今時のスマホ(iPhone5c)を使ってみた感想としては・・・



うーん、難しい。


まず、iPhoneについてドコモショップでは途中までしか設定をしてくれません。一部のメール設定や必要なAppleID自分で取得とのこと。一応、ドコモで薄いマニュアル冊子は貰えるのですが、なんだかんだで設定に半日潰れることに。うーん。


■電話
電話帳までクラウド(iCloud)に組み込まれるとは。グループ分けはクラウド上でなければできません。
ガラケーの通話料金システムとは異なり、基本料に“無料通話分”が含まれないので、あまり電話をかけたくなくなります。(ただし、+700円でドコモ同士なら通話無料に)

■メール
従来のドコモメール、iCloudメール、Gメールといったメールサービスが統合された画面なので、便利だけど少しごちゃごちゃ。

■文字入力
物理的なボタンが無いので(当たり前)、指先を見ずに入力するブラインドタッチができなくなりました。片手で入力はできます。入力方法も大きく変わり、ガラケーのようなボタン連打でなく、指をスライドさせながら文字入力するので、慣れるまでは大変。慣れたら逆に速くなるんじゃないかな。

■カメラ
綺麗に撮れます。歩きながらとか適当に撮ってるけど、あんまりブレない。
基本的にサイズが 3264x2448 のみ(でかっ!?) でサイズ変更できず、写真1枚あたり2MB程度なので、気楽にパシャパシャ撮りまくっていると、写真の容量がとんでもないことに。メールする際には縮小して送れます。

■音楽ファイル
手持ちのMP3&WMA等は、すべて配布PC向けソフトiTunesを通して、iPhoneで読める形に変換して取り込みます。面倒。メール添付のMP3は、再生こそできますが本体に取り込めない模様。(WMAは再生すらできず)

■インターネットブラウザ(safari)
大手のサイトやブログサービスって、パソコン向けとは違うスマホ画面専用のページが別にあるので、思ったよりは快適。ていうかこのブログもスマホ向けページがあったことを初めて知りました…。(汗

■目覚まし(アラーム)機能
確実に止めない限り、何回もスヌーズしてくれます(約9分後に再アラーム)。時間をずらして、同時に2つのアラーム(スヌーズ含め)を設定することも可能。朝弱い人にもばっちりです。ま、それでも寝坊するときはするんですが…(汗

■バッテリー
使っていると、電池の減りが鬼のように早い・・・のですが、はっさく君 のようにあんまり電話しない、暇なら携帯をいじるという習慣が無い人なら2日は持ちます(スマホを持つ意味無いけど…)。ちなみに、東京オートサロンで3時間、ずっと写真を撮り続けて30%くらい減りました。
充電は専用USBケーブル&電源アダプター経由で。

■その他
SDカードが入らないので、容量の拡張ができません。
紙の取説がありません。ブラウザにオンラインヘルプのブックマークがあるだけ。
付属品は充電・通信用USBケーブル、電源アダプター、イヤホンのみ。
本体はともすればガラケーより薄くて軽いのですが、スマホケースに入れると途端にでかく、厚く、重くなります。


以上が初スマホの はっさく君 の感想かなー。これからは、この iPhone5c でブログに載せる写真を撮って行きたいと思います。



初スマホで撮った日産のEVレーサー「ZEOD RC」(in 東京オートサロン2014)↓。うん、細い。

tas14-12.png

ブログに載せるにあたって縮小したら、カメラの良さが分からん…。(汗

そして、このクルマは日産はまったく新しいレースカーと言い張ってますが、素人の はっさく君 には屋根のあるデルタウイングにしか見えません。(何


posted by はっさく君 at 00:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

東京オートサロン2014の86たち。



こんな残念なブログを見ている不幸な皆様、こんにちは。
朝寒くて布団から出たくないこの時期、目覚まし時計は3台体制(しかもスヌーズ付き)の はっさく君 です。(←近所迷惑)


…さて。

はっさく君 の、まさかの トヨタ86購入 から早8ヶ月、ずっと どノーマル状態 で乗り続けるつもりの はっさく君 でしたが、最近気が付くとエアロやらマフラーやらのチューンショップのサイトを見ている今日この頃。はっさく君 も、徐々にカスタマイズの魅力に取り憑かれつつあります…。


という訳で、何かカスタマイズの参考になればと、2014年1月10日~12日に幕張メッセで開催されていた「東京オートサロン2014」に行ってきました。


tas14-01.png


そういえば、はっさく君 が初めて86の実車に触れたのは、去年の東京オートサロンだったりします(あの時はBRZだったかも…)。 あの時は、まさか自分が86を買うとは夢にも思わなかったなー。


>>去年(東京オートサロン2013)行った時の記事


…で、去年もそうでしたが、今年も86がいっぱい

ついでに露出の高いお姉さんと、お姉さん目当てのギャラリーもいっぱい綺麗なお姉さんの周り(決してクルマの周りではない)には、通行も困難な程のカメラを構えた黒山の人だかりが。結構注目されそうな2014年式GT500マシンの周りなんて、結構ガラガラなのに…(涙

tas14-02.png

86は発売から2年以上経つクルマですが、トヨタの 圧力 努力か、お手頃(?)なスポーツカーだからか、カスタマイズ界では相変わらず人気があるようで。

はっさく君 は、格好いいホイールやエアロ、マフラーとかが見つかればいいなー・・・と、色々な86を見て回っていました。



…が。



ウチの子(86)を、こんなにかわいい顔にとか、↓
tas14-04.png

参考までに、ノーマル86の顔↓
86どあっぷ。



ギンギラギンなド派手カラーにとか、↓
tas14-05.png



エンジンルームをこんなにメカメカしくてカラフルにとか、↓
tas14-06.png

参考までにノーマル86のエンジンルーム↓
8618.png


NOS(いわゆるニトロ)を積むとか、↓
tas14-07.png



オープンカーにとか、↓
tas14-08.png



670馬力の化け物にする訳にはいかず…。↓
tas14-09.png

(モンスター田嶋氏のスーパー86。名前とパッと見た目以外の共通点が皆無の、ワンオフ制作のクルマ。仕様↓(クリックで拡大))
tas14-10.png



どうやら はっさく君 にとって、東京オートサロンのカスタマイズカー達はレベルが高すぎたようです。楽しかったけどさ…(汗



ちなみにトヨタの社長車の86。↓
tas14-11.png

トヨタ社長(豊田章男氏)は86で国内のアマチュアラリーに参戦しており、その参戦車。中を覗き込むと、ハンドルには切り角の目印のテープ&メモが。



posted by はっさく君 at 02:27| Comment(0) | トヨタ86 | 更新情報をチェックする