2015年07月26日

はっさく君のDTM機材紹介。その13 「QL Gypsy」



あまりの暑さに外出する気力を削がれた不幸な皆様、こんにちは。はっさく君 です。

はっさく君 の部屋には冷房が無いので、夏場の日中は蒸し風呂状態。といっても、いつも会社から帰宅する0時以降はそれなりに涼しいので、熱中症にならずに済んでいます。はっさく君 の生命の為に、深夜までサービス残業をさせてくれる会社に感謝。・・・あれ??


さて。


はっさく君 の機材についてのどうでもいい情報、役に立たない情報、書いても書かなくても一緒だけど書かない方がいくらかマシな情報を記事にすることが趣旨であったこのDTM機材紹介シリーズ初志に反して、微妙に役に立つことを書いてる気がしないでもないですが、その第13弾です。いつまで続くんだ、コレ…。


過去記事↓
・ その12 「足鍵盤 HOMMOND XPK-100」
・ その11 「2段キーボードスタンド KS410B」
・ その10 「定番オーケストラ音源 QLSO 金」
・ その9 「ブラシドラム音源 Modern Jazz Brushes ADpak」
・ その8 「激安MIDIケーブル CLASSIC PRO MDD020他」
・ その7 「サスティンペダル YAMAHA FC5」
・ その6 「オーディオセレクター SB-A40」
・ その5 「重量級ピアノ音源 QL Pianos」
・ その4 「キャスター付きパソコンスタンド CP-031」
・ その3 「audioIF兼GS音源 SC-D70」
・ その2 「ロック音源 Ministry Of Rock」
・ その1 「初代! SONAR1」



今回ご紹介するのは、はっさく君 がリバーダンスを好き過ぎて買った音源です。・・・買った後に、そういう系の音源ではないことが分かったのですが。


■QL Gypsy

qlgypsy01.png


本家サイトEastWest/SoundsOnline(英語):
http://www.soundsonline.com/Gypsy

国内代理店:
http://www.h-resolution.com/eastwest/gypsy.php

お値段は本家なら今半額で197.5ドル。(25,000円くらい)


QLSO等で有名なEastWestの、自称“ジプシー音源”です。

はっさく君 的にはジプシー音源というより、ソロバイオリンと、アコースティックギターと、アコーディオンと、タンブリンの音源、かな?
それ以外もジプシー楽器(?)がいくらか入ってるけど、この音源一つあればジプシー音楽とかアイリッシュ音楽とかケルト音楽が網羅できるような音源では無いです。が、収録された音(主に上に挙げた音色、特にバイオリン)は、プリセットをそのまま使える、とても良い音です。


…御託は置いといて、とりあえず はっさく君 のような素人がQL Gypsyを使うとこうなります(作ってみました)

↓ ↓ ↓

サンプル曲「GL Gypsyを使ってみました。」


電子ドラムとベース以外、全部QL Gypsy。
音を加工したのは、音源のプリセット状態でやたらと深くかかっているリバーブを抑えたのと、アコーディオンのADSRをいじったくらい。コテコテなアイリッシュなんて はっさく君 には作れないので、普通にポップス風で。
あくまで「QL Gypsyを素人が使ったらこうなった」がコンセプトなので、中身とか出来については気にしない方向でお願いします…。(言い訳)
耳が穢れるのが嫌な人は公式ページでプロの曲の視聴をどうぞ。


で、素人サンプル曲を聴きながら、このソフトの収録音色について、はっさく君 の独断と偏見を以って解説してみます。


◎ソロバイオリン系(←オススメ!)

QL Gypsyの本命音色ではなかろうか。とても良い、泣ける音です。これ単体で、伴奏無しでもいけるくらい。
1つの鍵盤を押しっぱなしにした時の音の変化・・・立ち上がり→ビブラート→弓の切替し(というのか?)→減衰→リリース ・・・の流れが、これだけで1つの曲のようです。
サンプル曲では、Bメロ以外、エクスプレッションすら使っていないなんて、信じられますか? 特に最後、単音で「ソーーーーーー…」と鳴ってる部分(1:31~)なんて、ただG5鍵盤を指一本で押さえただけ。
これらの変化パターン(癖)はいくつもあり、レガートやベロシティで切り替わります。ま、ある程度鍵盤を弾ければ、癖を直感的に使い分けられるはず。逆に癖を無視したMIDIデータだと残念な結果になります…。(癖が強すぎる)
ロング系音色のみの収録で、ピチカートとかは入ってません。でもサンプル曲のように、スタッカートくらいなら普通に対応できてます。(1:05~)
同じEastWest製のオーケストラ音源であるQLSOやHollywood Orchestraシリーズとの相性も良く、それらのオケにもうまく馴染みます。

買う前は全然期待した無かったけど、バイオリンだけでQL Gypsyを買った価値があったなー。

以下、参考までにQL Gypsyのバイオリンを使って作った曲。

「迷いと悲しみのオーケストラ」
2台のバイオリンソロのうち、片方(メイン側)がQL Gypsy

「悲しいバイオリン」
1stバイオリンがQL Gypsy



○アコースティックギター系

QL Gypsyにはアコギが5種類入っています。ナイロン弦ではClassical Guitar(クラシックギター)、スチール弦ではSpanish Steel Guitarが音も良く無難で、汎用性高め。サンプル曲ではClassical Guitarを使用しています。
キースイッチで、フレットノイズやハーモニクスといった特殊な音も可能。一部のギターではコードをストローク弾き(?)した状態で収録されています。
いずれもREAL GUITAR等であるような、自動演奏機能とか手厚い演奏サポート機能はありません。実力だけで打ち込みましょう(何
そしてサンプル曲中のギターは人間の指では演奏不可能です。(汗


△アコーディオン系、トロンボーン系

アコーディオンとかバンドネオンとかが4種類、トロンボーンが1種類収録されています。音は普通? この辺は良し悪しが良く分からんです…。
サンプル曲では、「Camp Duble Reed」という音色を、アタックを早めにして使ってます。


△打楽器系

ジプシーと銘打つだけあって、はっさく君 のような無学な人間には使いどころに困る民族楽器的音色(?)が盛りだくさんです。(何
その中ではタンブリンカスタネットが、はっさく君 的お勧め音色(サンプル曲中で使用)。特にタンブリンは同じ音をベロシティ変えて16分連打してるだけでこの表現力!
売りのフラメンコダンサーのタップ音は収録サンプル多すぎて…。C1からC8までびっしりタップが割り当てられてるのはいいけど(しかも音色パッチ2種類分)、多すぎてどれを使えばいいのやら。少なくとも、リバーダンスのタップの再現には使えないと思う…。


収録楽器(大分類)↓
qlgypsy02.png


これまで総合音源で頑張ってきたけど、ソロバイオリンと、アコースティックギターと、アコーディオンと、タンブリンのクオリティを“お手軽に”(てか細かいことできないからね)上げたい方に、QL Gypsyをお勧めしておきます。

(日本人で使ってる人あんまり見かけないから、Gypsy仲間募集中…)


qlgypsy03.png


※注:このブログはEastWest社とは何の関係も無い個人ブログです。


posted by はっさく君 at 20:39| Comment(0) | PC・DTM機材 | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

Hollywood Orchestra Diamond、また80%OFF。



梅雨の雨に外出する気にならず、うっかりこんな残念なブログを見てしまった不幸な皆様、こんにちは。はっさく君 です。

はっさく君 にとって、雨は2種類あります。一つは、車の汚れを洗い流してくれる、バケツをひっくり返したような豪雨。もう一つは、水滴で車が汚れるだけの小雨。どうせ降るならがっつり降って欲しい今日この頃。しばらく洗車してないなー。


さて。


おいおい、またやってるよ…。(汗

セール情報です。


sosale150705a.png


EastWestのフラグシップのオーケストラ音源、Hollywood Orchestra(ダイヤモンド版)が、また80%OFF(!)になってます。

もう来ないと思ってた…。

sosale150705b.png

SoundsOnlineのHollywood Orchestraのページ(英語):
http://www.soundsonline.com/Hollywood-Orchestra


4日間限定セールなので、それが本当なら(笑)2015年7月7日が期限

<2015.7.10.追記>
2015年7月13日迄に延長されました。


<2015.9.23.追記>
終了済み。



このソフトは、Hollywoodシリーズ(Strings、Brass、Orchestra Woodwinds、Percussion)4タイトルのダイヤモンド版詰め合わせ。今回の値引き後価格で599ドル。クレカ手数料や送料込みでも8万円くらいかな?

廉価グレードのGold版(今995ドル)より全然安いあたり、もう価格設定が滅茶苦茶。(汗

それならGold版なんて買う理由は無いと思いきや、この音源(しかもダイヤモンド版)をサクサク動かす為にはハイスペックなパソコンと、680GBものライブラリを入れる大容量なSSD(分割OK)が必要。はっさく君 がいくつか持ってるGold版でさえ、はっさく君 の環境では少々ブチブチします…。ご購入の際にはご自信の音楽制作環境を考えた上でどうぞ。


はっさく君 の環境(参考)
OS: windows7 hp 64bit SP1
CPU: intel core i7-2600 3.40GHz
RAM: 8GB
システムやライブラリ入れてるストレージ: 512GBのSSD×2台(SATA6G)
Audio if: MOTU audio express
(バッファサイズ大きくするとCPU使用率は下がるけどブチブチは改善しない…)


ま、仮に今使えなくてもいつか環境が新しく鳴った時に使うか~、くらいの気持ちで買えちゃう程の、派手な値引き幅ではあります。はっさく君 は以前それで買う一歩手前まで行きました…。

WAVESとかNIとか、色々な大手メーカーが夏季セールやってますが、やっぱり単品(?)で80%OFFってのはなかなか刺激的だと思うのです。

なお、以前書いたEastWestの他のタイトルの50%OFFセールはまだ継続中。セール期間を書かないのがEastWest仕様(何

SoundsOnline、2015年夏のセール中。


余談ですが…
Hollywood Orchestra、音は本当にいいんだけど、収録楽器が微妙に足りないから、初心者が最初に買うオーケストラ音源はQLSOの方がいいと はっさく君 は個人的に思うのですよ…。


※注: このブログはEastWestと何の関係も無い個人ブログですので、ご購入は自己責任でー。


<2015.9.23.追記>
Hollywood80%OFFセールは終了済みです。



posted by はっさく君 at 17:25| Comment(0) | セール関連 | 更新情報をチェックする