2015年09月23日

サナトリウム^q^氏の「暗い部屋」をアレンジしてみました。



今日でシルバーウィークが終わってしまうという不幸に打ちひしがれている皆様、こんにちは。はっさく君 です。
あー、明日仕事忙しいんだろうなー。帰れないんだろうなー。行きたくないなー。(何


さて。

シルバーウィーク中に曲を仕上げたのでご報告。
他の人の曲のカバー(てかアレンジ)ですが。


■暗い部屋 (サナトリウム^q^氏曲カバー・シンフォニック・ロック風)




はっさく君 の知り合いのサナトリウム^q^氏。彼がまだ若い頃(今も若いけど)に作った名曲「暗い部屋」のアレンジです。

とてもメロディが美しい曲で、色々な人にアレンジされていており、僭越ながら はっさく君 もカバーさせて頂きました。近々、このアレンジも含めて「暗い部屋」1曲だけのカバーコンピを作るらしいです。ちなみに「暗い部屋」のカバーコンピは、これがなんと2作目! サナトリウム^q^氏の人徳ですねー、うん。




↓サナトリウム^q^氏の原曲はこちら。


(↑これは はっさく君 でなくサナトリウム^q^氏のオリジナルね)




↓前回のカバーコンピ「暗い集合住宅」


(ネーミングがなんとも。はっさく君 は参加してません…)




↓サナトリウム^q^氏の SoundCloud から今回のコンピの他の参加者の曲(今時点)を聴けます。
https://soundcloud.com/sana10rium



アレンジの機会を提供して下さった サナトリウム^q^様に感謝。



以下 はっさく君 のアレンジについて少々。ウンチクとか言い訳なので読まないほうが幸せ。
---------------------------------------------------------------------------------------

サナトリウム^q^氏の美しいメロディを壮大により美しく、をテーマで作ってみました。できてないけど。

タイトルに“シンフォニック・ロック”と偉そうに謳っていますが、オケにベース・ドラム・ギターをちょっと混ぜただけなので、これをロックと呼んで良いものか謎です。

原曲にオーケストラをただ乗っけただけで、他の人のアレンジと比べてオリジナリティがあまり無いのは、はっさく君 のセンスの無さによるところ。


使用したDAW
・SONAR X3 Producer

使用した音源
・ソロバイオリン… QL Gypsy
・その他オケ楽器… QLSO
・ギター&ベース… Ministry Of Rock 2
・ドラム… Addictive Drums 2(ADPak Black Velvet)


相変わらず機材(と他人様のメロディ)に助けられてます。音源様々。

ソロバイオリンはGL Gypsyのもの。極端なリアル志向ではないけど、オケにも適度に馴染むし無難で使いやすい。最近こればっかり使ってるな…。

QLSOはHollywood Orchestraシリーズと違ってリアルさは無いけど、やはりお手軽で良いですねー。手抜き万歳。

3拍子のドラムの叩き方なんて全然分からないのですが、これでいいのかな?

ギターのなんちゃってソロは・・・うーん(汗)。Ministry Of Rock 2のリードギターにSONAR付属のTH2 Producerのエフェクトセット(ほぼプリセットそのまんま)を通してます。他の楽器と競わせて盛り上げたかったけど、何をぶつけてもうまくいかなかったので、シンプルな現状に落ち着きました。このアレンジで一番の不満点。


バンド経験も、オケや音楽理論の知識も無いので、曲を作るたびに自分の無学さを思い知らされます。(←勉強しろよ)
でも、原曲のメロディがとても良いので作っててとても楽しかったし、思ったよりは上手くまとまったかな?
サナトリウム^q^氏の作るような、美しくて耳に残るメロディを作れるようになりたいものです。精進精進…。


↓暗い部屋アレンジのピアノロール。弦はエクスプレッション(下段)が肝。 うん、超面倒臭い。 kuraiheya01.png



posted by はっさく君 at 19:27| Comment(0) | DTM | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください