2017年06月26日

キャンペーンに釣られて高い電気シェーバーを買いました。



こんな残念なブログを見て下さっている不幸な皆様、こんにちは。はっさく君 です。

ルマン24時間耐久レースが終わりました。
LMP1クラス(総合優勝を争う最上位クラス)のポルシェ・トヨタとも全車に大トラブル発生。結局、修理ができて、修理時間が一番短かったポルシェの2号車が優勝しました。実際、レース終了1時間前まで、LMP1クラスを差し置いて、下位クラスがトップを走行していたという…。
関係者にとっては大変でたまったものじゃないけど、見てる方にとってはグダグダ…。
それにしても、ルマンはトヨタに冷たいですね。去年は終了直前で天国から地獄に叩き落されて、その後ここまで足場を固めて、この日まではいい流れで来て、でもルマンだけは勝てない。何か変な力でも働いてるのかと思ってしまいます。


さて。

特に書くこともないので日記でも。

最近、新しい電気シェーバーを買った話を記事にしてみます。

女性には関係の無い話ですみません。こんなおぢさん臭いブログを女性が見るのかは置いといて…。


オランダのメーカー、フィリップスが「フィリップス9000シリーズのシェーバーを買うと、現在お使いの1万円で下取りキャンペーン」をやっていたので、それに釣られの買い替えです。


買ったのはこんなの。↓


sorikae1.png


Philips(フィリップス)のシェーバーの最上位の9000シリーズ。・・・の、一番安いやつ(S9186)。
お値段2万5千円くらい。高っ。

はっさく君 は肌が弱いので、髭剃りにはそれなりにマトモな電気シェーバーを使わないと肌が荒れる・・・というか血まみれになってしまいます(カミソリとか絶対無理)。1万円くらいの電動シェーバーをいくつか使って来ましたが、結局フィリップスに落ち着きました。
そして今回、キャンペーンで1万円返って来るなら・・・と、やたら高いものを買ってみました。(メーカーの思惑にまんまと乗せられる奴)


そして、キャンペーンの下取りに出すシェーバーは、4年前に買った同社製RQ1151。購入価格1万円、毎日使ってますので、色々とボロボロ。必要書類を揃え、S9186の箱のバーコードを切り取って応募用紙に貼り付け、ボロボロのRQ1151をフィリップスの事務局に着払いで送ったところ…

sorikae2.png

3週間程で、1万円分の郵便振替払出証書がちゃんと送られてきました。
あんなボロでも、しっかり1万円返って来るんだ…。安い携帯用簡易シェーバーでも、ちゃんと1万円貰えるのかなぁ?


ちなみに新しい電気シェーバーのS9186を使ってみた感想は、とにかく音が小さい。これまで使って来たフィリップス製品と比べると、「電池切れか?」と思うほど静かです。
そんな静かさでも、剃り味は流石、最上位9000シリーズ。CMで見る程とはいきませんが、剃り残しの少なさも、深剃りも、満足のいくもの。剃った後の肌荒れも、更にマシになってます。顎や首回りを剃るのに工夫が必要なのはフィリップスの特徴(?)なので、もう慣れたもの。
写真ではスタンドに立てて充電するように見えるし、実際スタンドの突起を充電穴に差し込んで立たせる仕組みなんだけど、でもスタンド自体に充電機能はありません。充電するには、付属の充電ケーブルを充電穴に挿すので、充電中はスタンドを使えません。…何故そんな微妙なスタンドを付けた(汗
あとは替え刃が5000円くらいするんだけど、何年持つのかな…。


この下取りキャンペーンは2017年7月31日(月)付購入分までやっているようです。
下位グレードの5000や7000シリーズでも3000円貰えるけど、いずれもそれぞれの最新機種のみが対象。安くなった型落ち機種は対象外なので注意。(対象機種はキャンペーンのページに書かれてます)

ソリ替え割キャンペーン特設ページ↓
http://www.philips.co.jp/c-m-pe/face-shavers/shitadori-1704




ところで。

今回貰った1万円の振替払出証書ですが。

ゆうちょ窓口でしか換金できません(ゆうゆう窓口は不可)。しかも本人しか換金できないという、日中に銀行に行けない内勤サラリーマン達にとっては、とても面倒臭いやつだったりします。

換金できるのはお盆休みかなー。
それまでに失くさないといいけど…。



posted by はっさく君 at 01:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください