2018年01月21日

DS-Liteでネット速度が爆速になりました。



こんな残念なブログを見て下さっている不幸な皆様、こんにちは。はっさく君 です。

寒いですねー。聞くところによると、明日は関東でも雪が降るそうです。関東平野に雪が降ると、通勤や物流が滞って仕事が増えるので本当に困ります。そして はっさく君 の冬装備も、あまりの寒さにアップグレードされました。


ヒートテック股引から、超極暖ヒートテック股引にアップグレード!

momohiki-htuw.png


…はっさく君 は、もういい歳のおぢさんなのです。



さて。


今回は自宅のインターネットの回線速度の話題です。

なお、はっさく君 は情報関係は全くのド素人なので、例によって玄人な人々(何)鼻で笑いながら読むこと推奨
(はっさく君 はDTMがベースの偏った知識しかないので、DTMが絡まないと理解できない)



ネットが遅い。


本当に、遅い。



はっさく君 の自宅(アパート)は、2年前からフレッツ光/So-netの回線を使っているのですが、あまりの遅さに辟易していました。


アパート自体は、ちょっと古くて100Mbps対応。それに対して速度測定サイトでの実測は、空いている時間だと下りで10Mbps近く出ることもありますが、夜の混み合う時間はいつも安定して1Mbps台まで落ちます。(遅っ!?)
モデムにLANケーブルでパソコンを直結しても結果は変わらず。

これでは通常のネット観閲にも支障をきたします。DAWやらの音楽ソフトのアップデートも非常に時間がかかり、困っていました。


Googleのスピードテスト結果↓


dslite-b.png



あまりの遅さにフレッツ光に相談したところ、

フレッツ光「フレッツ光までの通信速度は80Mbps以上出てるから、フレッツ光側としては問題が無いね。あとはプロバイダのSo-netさんの問題です。」

とのこと。(検証に1時間近く対応してくれたフレッツの人、有難うございました)



続いてSo-netのサポートに相談。

フレッツ光とのやり取りを説明したところ、まず、IPv6オプションの追加契約を勧められました。
その契約自体は無料なので、そのまま契約。工事や機材の交換も無く、こちらでやることは今あるルータ(Buffalo WHR-1166DHP2、IPv6対応)の設定を少し変えるだけ。
そして待つこと数日、IPv6オプションは無事開通しました・・・が、速度は変わらず、遅いまま。駄目じゃん。(観るサイトによっては速くなるらしい)

もう一度So-netに電話すると、今度はルータのレンタルを提案されました。
So-netから指定のルータをレンタルすれば、速度が改善される可能性がある・・・とのこと。

パソコンをモデムに直結しても駄目なのにルータで速くなる???…と半信半疑でしたが、1年間レンタル料無料(その後は400円/月)という言葉につられ、件のルータをレンタルしてみました。


届いた無線ルータ、NEC製 Aterm WG1810HP。↓

dslite-wg1810hp.png
(ケーブルまみれでごちゃごちゃ…)



実際に取り付けてみると、ルータ側の初期設定も無しにネットに繋がりました。So-net側でやってくれたのかな?



続いて速度測定してみます。



所詮ルータ換えただけでしょ? 大した違いなんて…


dslite-a1.png



違いなんて…


dslite-a3.png



…。


dslite-a2.png



めっちゃ速っ!?Σ(゚Д゚;)



ネット観閲やファイルのダウンロードが劇的に速くなりました(従来比)。朝も夜も、大体安定してこの速度が出ます。アパートが100Mbps対応なのでそれ以上は出ませんが、たかだかルータの交換だけで、正直ここまで速くなるとは思いませんでした…。(IPv6オプションの利用が前提です)


はっさく君 は情報系の技術には疎いので詳しく分かりませんが、So-net曰く、このルータはDS-Liteという技術を使っていて、これがこの速度改善に効いているそうです。

そのDS-Liteとは、使用者が多く渋滞する従来型通信(IPv4)を、まだ使用者の少ない次世代通信技術であるIPv6に見せかけることで、新しいからまだあんまり使われてない(=渋滞しないから速い)IPv6のネットワークを経由させ、通信速度を上げる技術・・・らしい。

…うん、全然わからんけど速くなるならいいや。(任天堂の某携帯ゲーム機ではないことが分かっただけで良しとしよう…)



無料レンタル期間後は、自分で別に買うかなー。
安いルータでDS-Lite対応ってあんまり無いみたいだけど…。


DS-Lite対応の無線ルータで、1万円を切る機種は現行型だと今のところ多分コレだけ。↓

I-O DATA WN-AX1167GR2
http://www.iodata.jp/product/network/wnlan/wn-ax1167gr2/index.htm


せっかくネットも速くなったことだし、グランツーリスモSPORT(オンライン対戦ができるPS4のレースゲーム)でも買うかな。PS4買おうかなー…。



posted by はっさく君 at 21:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

東京オートサロン2018で超速いプリウスを見てきました。



2018inu.png


新年おめでとうございます(遅

どうも、はっさく君 です。今年もこの残念なブログをボチボチ更新できればと思います。誰得…。



さて。


今日、幕張メッセで開催されていた東京オートサロン2018に行ってきました。

tas2018a.png


世間ではクルマ離れがどうとか言われていますが、ここは毎年変わらずすごい熱気です。

人口密度が高すぎて、歩きにくい事この上ない。


…主に露出の激しいおねーさん(コンパニオン)のいる周辺が。(何



TOYOTA GAZOO Racingのブースにて、GR Super Sport Concept。今回のオートサロンの目玉ではなかろうか。
WECに参戦しているTS050仕込みのスーパーカー・・・のコンセプトカーだそうです。
これを見て、昔トヨタがルマンでGT1のホロモゲ取るためだけに作ったTS020の市販版(笑)を思い出すのは私だけ?

tas2018b.png


今年、トヨタは LEXUS LC でニュルブルクリンク24hに挑戦するようです。
Fマークがいっぱい付いてるし、いつか発売されるかもしれないLC “F”に繋がっていきそうな気がします。
今年のオートサロンはLCのカスタムカーが多数出展されてました。去年発売されたばかりだし、格好良いですしね。替わりに86のカスタムカーは随分減りましたね…。

tas2018c.png


今年からスーパーGTでも走ることが決まっているらしい NSX GT3 、お値段6千万円也。
5年程前のFIA GT3車両なんて3~4千万円くらいだったような。インフレが激しいです。

tas2018d.png


そして…


このブログでも何度も追いかけている、超速いプリウスこと、プリウスGT(別におねーさんを撮りたかった訳ではない。断じてない。)

プリウスGT 2017年式


正式名称は“#31 TOYOTA PRIUS apr GT”。スーパーGT・GT300クラスに参戦するレーシングカーです。
プリウスなのにV6エンジン(3.4L、500馬力以上!)を積んでいたり、プリウスなのにミッドシップだったりしますが、細かいことは気にしてはいけません。こんなゲテモノでもちゃんとTOYOTA GAZOO Racingの公式な活動に含まれています。(まー、ある意味GT500の方が余程ゲテモノかもしれない…)

プリウスGT 2017年式


去年(2017年)の成績こそパッとしなかったものの(それでも1度表彰台に乗ってる)、2016年、2015年ともシーズン2位を獲った、ただのイロモノだけではない強いクルマです。今年も走るのかな。走ってくれれば良いな。


プリウスGT 2017年式


はっさく君 はあまり派手なクルマに乗りたいとは思いませんが、こんなに煌びやかなクルマが沢山あると、やっぱり楽しいですね。来てよかった。
来年のオートサロンも、また来たいと思います。


tas2018e.png



posted by はっさく君 at 00:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

GT最終戦・もてぎで生観戦してきました。(今更)



めりーくりすます(棒


2012年式トヨタ86乗りの はっさく君 です。
スバル車の一斉リコールで86も対象になっているようですが、はっさく君 の86は一度車検を受けているので対象外らしいです。 ってことは、「完成品検査なんてたかだか車検レベルの簡易な検査で、その程度の検査をしたのが有資格者ではなかったから、全車リコール。」ってこと?
もちろんルール違反は駄目ですし、お間抜けな話ですが、そんなに目くじら立てて騒ぎ立てる程のことかなぁ? はっさく君 も、つまらないことで信用を失わないように、しっかり隠蔽・・・もとい、注意していかなければ(何



さて。


凄まじく今更ですが、2017スーパーGT最終戦の観戦で、ツインリンクもてぎに行ってきました。
いや、もう随分前の11月12日の話なんですが(滝汗)、せっかくその記事を書いてたのに公開するのを忘れてたので、一応公開しておきます。1ヵ月以上前の日記なんて、誰得なんだか…(汗


motegigt17a.png


ツインリンクもてぎは無料立ち見エリアが高台にあり、見晴らしが良くコースの結構なエリアを見渡せるので、指定席を高いと感じる貧乏人(はっさく君)には優しいサーキットです。もちろん走行中のマシンにめっちゃ近付けるスタンド席も魅力的だけど(お金が…)


もてぎ戦は富士戦程は渋滞しないのですが、やっぱり混むものは混んでます。観客が3万6千人も来てるし、そのかなりの割合がクルマで来てますし。8時スタートの前座F4レースも見たかったけど、出発が遅かったので渋滞に巻き込まれ間に合わず…。


到着して、飯がてらにグランドスタンド裏を物色しつつ。


DTMのデモランで将来のDTM・スーパーGT交流戦を想像しつつ。
DTMのクルマって、音がでかいですねー。

motegigt17c.png


F-2戦闘機の展示飛行に驚きつつ。
写真では豆粒ですが、すごい迫力です。戦闘機1機だけとは思えないくらい。
一昨年のもてぎ戦のブルーインパルスの曲芸飛行の悪天候キャンセルは、本当に惜しかった…。

motegigt17b.png


決勝レースを観つつ。

シリーズチャンピオン争いをしている2位ワコーズは、スタート前にぶつけられたり、スタート後にもぶつけられたり、その影響で色々壊れてまともに走れなかったりボンネットが吹っ飛んだりで、もう踏んだり蹴ったり。厄日ですね…。
そのワコーズにぶつけたポールシッター・ニスモは、順風満帆に首位走行。シーズン序盤の出遅れが悔やまれる、僅差のシリーズランキング2位。
GT300クラスでシリーズランキング1位&ポールシッターの初音ミク号は、ライバルが奇策で前へ出ようとも、無理せずひたすら堅実走行、そのままチャンピオン獲得。


motegigt17d.png

↑そして はっさく君 が応援している #31 TOYOTA PRIUS apr GT(見えにくくてすみません)プリウスを改造(建前)V8エンジンミッドシップに積んだ、色々とプリウスじゃないプリウスです。(何

プリウスのリアミッドに積まれたV8・3.4L、NA、500馬力オーバーを叩き出すRV8Kエンジン(←もはや笑うしかない)は、ダウンサイジングエンジンのGT500や市販車ベースのGT3達と比べ、昔ながらのレーシーで甲高いエキゾーストを奏でます。


この動画は2015年の茂木の決勝戦。↓




シリーズ2位だった去年、一昨年と比べると、今年の成績はいまひとつ。それでも夏の富士は3位だし、もてぎでは大体毎年表彰台に乗ってるので、期待してましたが、結果は12位。やはり今年はJAF-GTへのBOP縛り(運営の定めるマシン間の能力調整)がきつかった…。来年も諦めず、プリウスでの挑戦を期待。



決勝レースが終わると表彰式とグランドフィナーレ。ですが、はっさく君 は翌日も朝早くから仕事なので、混雑を避けるために観ずに帰ります。それでも十分混んでましたが…。


久し振りのレース生観戦でしたが、やはり生は楽しいですね。迫力が違いますし、レース場の雰囲気も良いものです。エキゾーストノートが大きすぎて場内実況なんて全然聴こえないけど、それはそれで一興。


また来年も来れればいいな。



motegigt17e.png

序盤でリタイアし、レース後にドナドナされる、もう1台のプリウス(#30)。
このクルマのドライバーの1人は、なんとトヨタカローラ三重の社長さん。一流プロドライバーのレースも良いですが、トヨタディーラーの偉い人が自ら大型レースに出場するのも、日本のレース文化を盛り上げるうえでとても良いことだと思うのです。


posted by はっさく君 at 00:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする