2017年08月13日

ハートフルぼっち氏作「スリッパダッシュマン」のアレンジ曲を作ってみました。



お盆の最中、こんな残念なブログを見て下さっている皆様、どうもこんにちは。はっさく君 です。
ホント暑いですねー。去年思い切って部屋にエアコン買っておいてよかった…。


さて。


曲ができました。(作ったのは1ヵ月前ですが…)

今回は人様の曲のアレンジです。



■「スリッパダッシュマン・オーケストラアレンジ」 (1:18)

作詞・作曲: ハートフルぼっち様
アレンジ: はっさく君






ハートフルぼっち様の原曲はこちら。爽やかなロックバンド調です。↓





-------------↓以下ウンチク。読まない方が幸せ。↓--------------



身内向けコンテストの為に作った曲です。

・使用DAW
Cakewalk SONAR Platinum

・使用音源
EastWest QLSO、Hollywood Orchestra、QL Gypsy

・使用エフェクト
SONAR標準のEQ、コンプ、リバーブ、ステレオイメージャー
Dotec-Audio DeeMax(超簡単マキシマイザー)

WAV素材やMIDI素材は使ってません。すべて鍵盤orマウスでMIDI打ち込み。


今回、Hollywood Orchestraを多用してます。初めはQLSOだけで作り始めたけど、どうもQLSOの木管類の音色が野暮ったくて、差し替え。最終的に、半分以上Hollywood Orchestraを使ったかな? QLSOと違って色々と面倒だけど、音の生々しさが違います(良い)。

しかしまあ、いつものパターン、とりあえずオーケストラっぽいアレンジしただけって感じ。原曲の良さが生きてない。というか、オーケストレーションとか全然知らないのですが、オケってこんなで良いのだろうか。一応アレンジのつもりですが、雰囲気も拍子も違うし、そもそもメロディを崩し過ぎて歌詞通りに歌えないという(汗


今回、DeeMaxという音圧爆上げソフトマスタリングソフトを使いましたが、簡単かつ違和感なく音圧が上がってびっくり。SONAR付属のBoost11とはえらい違いです…。そういえば、これまでVST音源にウン十万人もの諭吉さんを突っ込んできた はっさく君 ですが、エフェクト系のVSTプラグインにお金を出して買ったのはDeeMaxが初めて(セールで9.95ドルだったけど(笑))。これまでずっとSONAR付属のエフェクト(と、SoundEngineFree)で十分でしたし・・・みんなWaves使ってるけど、そんなに良いの?

deemax.png


構想に3日程。主に風呂場で妄想を組み立て。
骨格になるMIDI打ち込みに1週間程。
その修正や、細々とした肉付けに2週間程。もっとも、この間は一日30分程度しか触ってませんが…。

はっさく君 は曲の完成形を頭の中で作りきれない素人なので、MIDI打ち込みにはとても時間がかかります。ま、プロじゃないし、作りながら考えるのが楽しいからいいや。

そういえば、以前「ミッドナイトポーンローバー・アレンジ」を作った時もそうでしたが、今回も構想から完成まで、一度も原曲聴いてないなー。記憶だけで作ってるので、あまり迷うことなく原曲を壊せたのかもしれない(何


久し振りに曲を作りましたが、なんだかんだでDTMは楽しいですね!
しばらくDTMをしていなかったから、SONARが大きくアップデートされていて、その使い方に慣れるところからスタートという駄目っぷりですが(汗


surippa01.png

-----------------------------------

さて、明日の深夜から関西の帰省先に向けて長距離ドライブです。
1泊3日の強行軍。事故らないように気を付けて行ってきます…。


posted by はっさく君 at 00:35| Comment(0) | DTM | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

新曲「夜明け(残業明け)」、公開。



2017tori.png


…こんな残念なブログを見て下さった皆様、新年おめでとうございます。はっさく君 です。

今年もこんな感じでダラダラ続いていくみたいですが、何卒宜しくお願い致します(何
なんでこんなに続いてるんだろう、このブログ…。


さて。


久々の新曲を公開します。
作ったのは去年だけどね…。


「夜明け(残業明け)」 by はっさく君 (1:23)




夜明けに、太陽に光が差し込んでくるイメージしたオーケストラもどき。夜明けというものは、疲れた体と心には、とても気持ちのいいものです。



MIDIデータも公開しておきます。
元のMIDIに、とりえずGMの音色パッチだけ宛がったものです。↓

hassaku-yoake-gm.zip(ZIP圧縮してます)

あんまり参考になりませんが、ご参考までに(何



----------↓以下いつもの言い訳↓-------------


いやまあ、日の出が7時台の冬場に、陽が昇るまで残業することはまず無いんですけど。
(↑逆に夏場は日の出が早いのでよくある)


■制作環境
DAW
・Cakewalk SONAR Platinum

音源
・EastWest QL Gypsy(ソロバイオリンのみ)
・EastWest QLSO(その他全部)



とある身内のコンテスト向けに作った曲です。

制作時間は実質1週間くらいかなー。

音のアタックのタイミングとか合ってなかったり、エクスプレッションカーブの書き込みとか全然していないので後から直すつもりだったけど、なかなかモチベーションが戻らないのでもう公開しちゃいました。うーん、一度人に聞かせてしまうと、これ以上作りこむ気が無くなりますね。宜しくない…。


使用トラック
・ストリングス(VnからVcまで幅広いやつ)
・バイオリン(高音部)
・ソロバイオリン
・コントラバス
・コントラバス(ピチカート)
・トロンボーン
・ホルン
・チューバ
・フルート
・オーボエ
・クラリネット


多分、小規模編成なオーケストラ。オーケストラってどんな編成で、何人でやるのか知らないけど(←勉強しろよ)。はっさく君 の素人目(耳)には違和感ないのでこの編成でいいや。

音雲で公開する前に、せめてモワッとし過ぎているフルートとオーボエの音色(QLSO)くらいはHollywood Orchestra Woodwindsに差し替えようと思ったけど、何故かバグってしまうので諦め。うーん、なんでかなー。

QL Gypsyのソロバイオリン、鍵盤押しっぱなしにするだけで勝手にエモく鳴ってくれるので、本当にお手軽。リアルかはともかく、伴奏無しでソロさせても恥ずかしくない程に強くてエモい音源です。

シンバルとスネアのロールを入れるかどうか随分迷ったけど・・・うーん、やっぱりあった方がよかったかな?

MIXとかマスタリングとかあまり好きじゃないので、DAWでバランスだけ取ってから、SoundEngineFreeのオートマキシマイズ機能で適当に音圧を稼いでます。まあ違和感無いからいいや。(手抜き)
はっさく君 はMIDIノートを打ち込むことにDTMの喜びを感じる人です。


…しかしまあ、相変わらずの面白くない曲ですねー。
自分の知識やセンスの無さを音源の強さ、あんまり他人がやらない“オーケストラ風”という手段で誤魔化して、体裁だけ整えた感じ。
良くない環境からでも人を引き付ける曲を作る人と話すと、やはり音楽に対する造詣が驚くほど深い(あらゆる面で)。もっと色々な音楽を聴いて、色々な書籍を読んで、色々な人の話を聞いて知識をつけていかないと。精進精進。


yoake-piano-roll.png
↑今回のピアノロール。今回、エクスプレッションカーブを全然描いてないのがモロバレ。



posted by はっさく君 at 00:43| Comment(0) | DTM | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

102氏&サイレンティスト氏作「ミッドナイトポーンローバー」のアレンジ曲を作ってみました。


こんな更新されないブログを見て下さっている不幸な皆様、どうもこんにちは。

最近あまりにも忙しいので、どうせ残業代なんて出ないけど 試しに7月度の時間外労働を計算してみたら 280時間 超えてて乾いた笑いが出た はっさく君 です。


そんな中、曲を作ってみました。といっても人様の曲のアレンジですが。
日曜日はともかく、平日2時3時に帰ってきてからDAW立ちあげるのは、なかなかの苦行だったぜ…。


■「ミッドナイトポーンローバー・オーケストラアレンジ」 (3:20)



原曲作曲:102氏 https://soundcloud.com/102ch
原曲作詞:サイレンティスト氏 https://soundcloud.com/silentist
オーケストラアレンジ:はっさく君


格好良くもネタに溢れたこのロック曲を、健全かつオーケストラ風にアレンジしてみました。
原曲の意向は完全無視(ゴメンナサイ)。大事なところ(Cメロ)はどこに消えた…。


原曲はこちら。とても大人な(?)ロックです。↓





102様、サイレンティスト様、今回アレンジの公開許諾を頂き有難うございました。



------(以下、いつもの言い訳とか。読む必要無し)------

なんかパターン化してる気がする、なんちゃってオーケストラアレンジです。
短いので一度ループさせてます。

原曲では重要だったCメロがまるごと抜けているのは・・・素で忘れてました(汗
実はアレンジが完成するまで原曲を聴かず、結構前に聴いた記憶だけをもとにアレンジしてまして。途中で抜けに気付いたけど、アレンジがかなり進んでしまった為に戻せなかったという…。他にも同じ理由で原曲とはかなりの相違点があります。いや、原曲聴けよ。


■使用DAW
・cakewalk SONAR PLATINUM

■使用音源
・EastWest QL Gypsy(ソロバイオリンのみ)
・EastWest QLSO(他全部)

■使用楽器パート

・ソロバイオリン(所々のメロディライン)
・トレモロなバイオリン系ストリングス(後半部分)
・普通なバイオリン系ストリングス×2(後半の補強・バッキング的な)
・ビオラ系ストリングス(前半のバッキング的な)
・ピチカートなコンバス(前半のベースライン、ボンッ、ボンッ♪)
・普通なコンバス(後半のベースライン、ボ~、ボ~♪)
・ハープ(後半のポロロン、ポロロン)

・トランペット(後半メロディの一部)
・トロンボーン(ホワーン♪)
・ホルン(終盤のホワーン♪)
・チューバ(一部のベースライン補強、モー、モーモーモーモー♪)

・フルート(主にメロディ)
・オーボエ(メロディラインのハモリ的な)

・シロフォン(木琴、前半のメロディ補佐)
・グロッケン(キーン、キンキンキンキーン♪)
・チャイム(のど自慢でお馴染み、カーン、コーン♪)
・ティンパニ(ダダン、ダダダダダン♪)
・大太鼓(ドーン、ドーン♪)
・スネアドラム(タンツツタン、タタタタタン♪)
・シンバル(シュワワ~~ン♪)
・ウィンドチャイム(シャララ~~、キラキラ~~♪)

■その他

制作にかかった時間は、構想に1日程、MIDIの打ち込みは3日くらいで大体の形が出来て、その後10日程かけて気付いたところを色々修正。仕事が忙しくて、1日あたりの作業時間はかなり短め。
MIXは大枠のMIDIが出来た時点から、打ち込みと同時進行かつテキトーに。はっさく君 はMIXなんかより、MIDIノートの打ち込みに悦びを感じる人です。ちなみにモニター環境はヘッドフォン。

MIDIサンプルとかWAVサンプルとかは一切使ってません。原則MIDI鍵盤にて打ち込み。
重要な部分は1ノート単位でマウスで調整するけど、それ以外は割とがっつりクォンタイズかける人。

SoundEngineFreeのオートマキシマイズ機能で適当に音圧を稼いでます。
DAWでバランスだけ取って、平均音量15dB設定でオートマキシマイズを掛けました。超手抜き。

リズム楽器含め、全23パート。本気でDTMでオーケストラやる人は50トラックとか普通に使うらしいです。はっさく君 には無理。

原曲の強烈なインパクトに負けないように、Aメロは迫力重視で作ってみました。(ドーン!ドーン!って感じで)
でも原曲のインパクトには勝てそうにありません。

ホルンとトロンボーンって違いがよく分からないのですが、お互いこんな感じの立ち位置で良いのですかね?

前半の木琴の連打は、1音1音マウスでMIDI入力。自然に聞こえるかなー。

もしMIDIデータとか欲しい方がいれば、メール等でその旨連絡頂ければ差し上げますよー。


聴いてて楽しい曲を作れるようになりたいなー。


midnight01.png



posted by はっさく君 at 23:14| Comment(0) | DTM | 更新情報をチェックする