2017年11月26日

86買っちゃった。その15「エアロを巻きました。編」



こんな残念なブログを見てしまった不幸な皆様、こんにちは。はっさく君 です。

随分前になりますが、東京モーターショー2017に行ってきました。マツダのコンセプトカーである赤いハッチバック車(おそらく時期アクセラの原型)が、一昨年のRX-VISIONコンセプトの程ではないにしろ、とても格好良く印象的でした。まだまだ漠然としたデザインコンセプトモデルにすぎませんが、モーターショーなんだから、こういう純粋に格好いいクルマも見たいですよね!

tms2017mazda.png

でもこのコンセプトカー、外装の広い面にプレスラインがあまり無いけど、手で押したらやっぱり「ペコポコ♪」と凹むのだろうか…。



さて。


随分間が開いてしまいましたが、ドレスアップの話の続き。今回はエアロパーツ編です。


これまでの流れ↓

・インチアップしました。編
・ドレスアップしました。編



今回 はっさく君 の愛車86に取り付けたエアロパーツは、フロントリップスポイラーサイドスカート&リアマッドガードリアウィングの3点。



■フロントリップスポイラー

86mae_a.png

さすがにバンパー一式を換える勇気が無かったので、フロントはリップスポイラーの取り付けに留めました。JPというメーカー製。まあ、割と大人しい方じゃなかろうか。アクセントである左右フォグ下の黒い部分は、ダクト穴・・・ではなく、黒いシールを貼ってるだけ(笑
この黒シールはエアロの箱に同封されているので、自分で貼ります。…多少ずれましたが、気にしたら負けです。

86lip2.png

スーパーポリウレタン製だとかで、とても柔らかい素材です。取り付ける前に持ってみたらゴムのようにクネクネと簡単に曲がるし、すぐに元に戻ります。擦ったりしても滅多なことでは割れないでしょうけど、全体が簡単に変形するから、塗装へのダメージはFRPより酷いことになりそう(汗
リップが7~8cmくらい前に出るので、急な登り勾配だと底が擦りそうで怖いです。実際、帰省先の車庫に入れなくなりました(涙
フィッティングはとても良かったのですが、付属のステーが全然合わず、自作で対応。
お値段、3.5万円くらい。(未塗装)

メーカーサイト↓
http://www.jp-tokyo.com/aero/toyota/OV-060-etc/OV-060-etc.html

86lip.png



■サイドスカート&リアマッドガード

86side1.png

EUROUというメーカー製で、FRP製。TRDやモデリスタといった純正エアロに比べ、随分とアクの強いサイド&リアビューになりました。サイドスカートリア側の穴はただの飾り穴で、穴からは内側のボディが見えるだけ(笑)ですが、ドレスアップ上、このインチキダクトは必要なのです、多分。
これらのエアロパーツにより、サイド&リアの車高が下がっています。サイドはジャッキや駐車場のロック板が当たる程に下がるので、色々と注意が必要。リアも車止めの高さを確認してからバックしないといけません。大体大丈夫だけど。
歩道に乗り上げてコンビニ等に入る時は、分かりやすいフロントリップより、むしろサイドスカートを擦らないように気を付ける必要があります。
また、意匠上凸凹がとても激しいので、その部分は汚れがとても溜まりやすいです。(←当たり前)


86tsuraichi-a.png

フィッティングは結構悪く(サイドスカートの左右で反り方が全然違ってたりとか)板金屋さん泣かせでしたが、最終的にはそこそこうまく矯正してくれました。お金は掛ったけどね…。
お値段、それぞれ1.5万円くらい。(未塗装)

メーカーサイト↓
http://www.aero-eurou.com/shop/product/maker:toyota/101/233/


86yoko_2a.png



■リアウィング

86hane1.png

ROWEN(トミーカイラ)製。
スポーツカー=リアウィング という公式が成り立つ 古いおぢさん は、はっさく君 だけではあるまい。(確信)
割と大きさや高さがあり、なのに嫌らしさが無い、とても良い形の大人なリアウィングです。純正羽やニュル羽、他のエアロメーカーではこうはいきません。さすがトミーカイラ。
しかも可変式リアウィング、走行シーンに合わせて羽の角度(=ダウンフォース量)が調節できます。…できても何の意味もないけど(苦笑
そして、お値段は少しお高め(FRP・未塗装で8万円くらい)・・・ですが、それでもこのリアウィングは外せませんでした。

翼端板を白、センターバーを黒に塗り分けしています。白一色にすべきかで1週間悩みましたが・・・うーん。
製造は受注生産のようで、今回リアウィングのみ納期が2週間強と結構掛かりました。
購入したものはFRP製がすが、正直色々と酷い品質だったらしく。板金屋さんがいっぱい削ったり補強したりしてくれて、ようやくトランク上に収まりました。でも付いたモノは何度見ても格好良い、やっぱりこれにして良かったと思えるモノです。

メーカーサイト↓
http://rowen.jp/shopdetail/029014000009/ct469/page1/recommend/

ルームミラーの視界を横一直線に横切るウィングに、幸せを感じます。 …86の後ろの視界が更に悪くなったのは愛嬌。


86hane3.png


リアウィングを取り付けたことで、トランクがめっちゃ重くなりました。そりゃそうだ。
…みんカラとかでの評価低いけど、お願いだから壊れないでね?


86hane2.png



■塗装

はっさく君 は86を海に近い駐車場に停めています(自宅も、会社も)。特に会社は工業地帯にあるので、目に見える鉄粉がボディに刺さりまくっている訳で、ボディの白色もかなり茶色っぽく…(涙)。しかもボディ上部の下部では微妙に変色具合が違うし。今回取り付けるエアロパーツを、このまま純正色(サテンホワイトパール)で塗ろうものなら、塗装の新しいエアロ部分だけが不自然に白くなるのは明らか。
そんな訳で板金屋さんには、ボディの比較的変色がマシな上部の色に合わせて塗って貰いました。…それでもよく見たらまだ色の違いが分かるんだけど。



ある程度乗った後にサードパーティー製のエアロ取り付けなので、どうしても後付け感は目立ちますが(隙間やら細かなヒビやらタッピングビス打ち増しやら)、それでもなかなか良い感じに仕上がったと思います。



最後に。


ドレスアップしたクルマは、苦労犠牲を伴います。

多額の費用をかけてドレスアップした結果、なんてことはない段差や傾斜でいちいち段切りしたり、タイヤが太くなってロードノイズが増えたり燃費が悪くなったり、安全に停められる駐車場を探したり、コンビニに入ろうにも路肩の段差を乗り上げられなかったり、ガソリンスタンドの洗車機でうまく洗えなかったり、果てはディーラーから出禁になったり、etc…


失礼ながら、86に乗る前の はっさく君 は、それでもドレスアップをする人を皆 ドM だと思っていました。(←ホント失礼だ!)


そして、自分のクルマをドレスアップした はっさく君 はこう思いました。


ドMも良いよね!(何


それで自分が幸せになれるから。そして道路で横にTRDフルエアロの86に並ばれても、自信をもって「私の86も格好良いだろう」と言えるから。



今回、あらゆる協力をして下さった(というか全部やってくれた)、そしてドレスアップの心構えを教えて下さったドレスアップ玄人のAさん、本当に有難うございました。


これからもボチボチ弄りつつ、このクルマに乗り続けたいと思います。



ところで。


施工中に借りた、代車。まさか代車が軽トラだとは思わなかったですよ(汗)↓

keitra.png



posted by はっさく君 at 23:04| Comment(2) | トヨタ86 | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

SONAR終了のお知らせ。(涙



世間がブラックフライデーで盛り上がる中、今回これといった情報の無い当ブログを見てしまった不幸なDTMユーザーの皆様、こんにちは。はっさく君 です。

そういえば、EastWest恒例の黒金セールは、今やってる11月のスーパーセール(最大60%OFF)でいいんですかね?



さて。


今週、悲しいお知らせがありました。


はっさく君 の使っているDAW、cakewalk SONARの開発が終了になってしまいました。

sonar-pl.png

とりあえず当分はcakewalk社のダウンロード用やらのサーバーは生かしておくとのことなので、アップデートこそ無いものの現状維持のまま使い続けられるようですが。いつかは来るcakewalk社サーバーの運営終了か、将来のwindowsOSに到来とともに、使えなくなるのでしょう。

驚くと同時に残念ではありますが、SONARユーザーとしては「ああ、やっぱりねー」という感覚ではないでしょうか。

もともとCubaseの後塵を拝み続け、後発のStudio Oneにも追い越され、そしてcakewalk社の親会社であったRoland社から、過去に大手DAW“Vision”を買収しその後開発終了させたGibson社に(不採算部門の整理として)譲渡され、その後はcakewalk社が何か新しいことをする度にヒヤヒヤしたものですが…。


…でも、思ったより早かったかなぁ。


はっさく君 はDTMを始めるために、それまでほとんど触れたこともなかったパソコンを買いました。その時に選んだDAW(当時はシーケンスソフトって言ってたっけ)が、発売されたばかりのSONAR(初代)。DTMを始める前に、とある場所で初めて触らせて貰ったDAWが、たまたま“cakewalk PRO Audio 9”(当時cakewalkの名前は商品名でした)だったから、という単純な理由で選びました。確か、ミュージ郎とかいうRoland SC-D70(MIDI音源付きaudio if)とのセットで購入したと思います。以降、DAWはSONARしか使ったことがありません。


初代SONARの起動ロゴ↓
sonar1-icon.png



cakewalk社の偉い人のコメントでは、まだ継続の希望があるのだか無いのだか言ってますが、よほどの大手がバックに付かない限り、昔のような復権は難しいでしょうね(涙


次に使うDAW、何がいいかなー。やっぱり無難にCubaseかなー。どのDAWも使ったことないけど、この歳で新しいDAWの使い方なんて、覚えられるかなぁ…。



ラベル:CAKEWALK Sonar
posted by はっさく君 at 22:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

SoundsOnline、11月のスーパーセール開催中。



こんな残念なブログを見て下さっている皆様、どうもこんにちは。
ヒートテック股引とともに冬の到来を感じる はっさく君 です。ああ寒い…。



さて。


セール情報です。


EastWest/SoundsOnline でセールをやっているようです。


sosale171109.png
参照:SoundsOnline

NOVEMBER SUPER SALE
http://www.soundsonline.com/november-super-sale




今回のセールは、EastWestのほとんどのタイトルが、定価から最大60%引きになるというもの。

モノにもよりますが、QLSOやHollywood Orchestra等は、概ね50%前後の値引きになっているようです。

セール期間は2017年11月30日迄と、ここ最近ではかなり長め。


また、このセールはEastWestの国内販売代理店、ハイリゾリューション社のウェブサイトでも実施されています。


>ハイリゾリューション社のキャンペーン紹介ページ


ただし、こちらのセールはダウンロード版のみがセール対象なので注意。お値段は本家(米SoundsOnlineで買うのと同じくらい。セール期間も同じです。

本家でのドル建て購入を敬遠したい人、国内販売代理店の日本語サポートが欲しい人は、ハイリゾリューション社のサイトから買うと良いと思います。



※注:このブログは、EastWestやハイリゾリューション社とは何の関係も無い個人ブログです。実際のご購入は自己責任で。(お約束)


<2017.12.23. 追記>
セール期限が延長されてます。↓

http://www.soundsonline.com/december-super-sale



<2018.1.14. 追記>
終了しました。



posted by はっさく君 at 23:55| Comment(0) | セール関連 | 更新情報をチェックする